Friday, January 19, 2018

American Civil War, the breakup of California アメリカの内乱、カリフォルニア州の分裂


On Monday January 15th representatives from rural California issued a Declaration of Independence.  They do not want to leave the United States, but they want to break off and form their own new state of New California.

1月15日月曜日に、カリフォルニア州の独立宣言を出しました。アメリカから脱退する積りではなく、現在のカリフォルニア州から分裂して、新しい州、ニューカリフォルニア州を創りたいです。

The proposed new state would look like this.  The Blue is conservative, the Yellow will be Liberal coastal California.

新しい提案された州は、下記の地図のように成るでしょう。青色は保守派の州、黄色は左派の州に成ります。



http://www.dailymail.co.uk/news/article-5280167/New-California-call-split-state-2-rural-coastal.html

In my most recent book, “2nd Civil War, The Battle for America”, I describe the present Civil War as urban versus rural.

私の最近の本「アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの崩壊」で、現在のアメリカ内乱は、大都市対地方と説明しています。



https://www.amazon.co.jp/dp/4802400411?tag=hobbes22-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4802400411&adid=032SM2FS1XXV20FM1BXB&

There have been several incidents of talk of secession in Texas, or splitting up of California before, but this is the first time a legal process has begun.  This document has as much legal standing as the original Declaration of Independence from Great Britain.

以前に、テキサス州の脱退、それともカリフォルニア州の分裂の話が有りましたが、今回の法律的な行為は初めてです。法律的に、この公文書は昔の英国からの独立宣言と同じ立場です。

The differences between urban and rural America are great and are growing larger.  In California these differences become intense, as there is a very radical urban Left, while the rural areas are very conservative Right wing.

アメリカの大都市と地方の地域差が、いっぱい増えています。カリフォルニア州で、この地域差は強烈的、何故かとても急進的な大都市が左派、地方が保守的です。

The advocates for creating a new state say they want to be free of tyranny.  Frankly, the fact is, the American Left wing has very little understanding of the American countryside.

新しい州を創る提唱者たちが、その新しい州を創る理由は、専制政治から自由生活をしたいです。正直に言うと、アメリカの左派が地方の事を全く分かっていません。

http://beta.latimes.com/opinion/op-ed/la-oe-1101-hanson-rural-urban-divide-20151101-story.html

Until a year ago, California was in very serious drought, and urban liberals used their political power to force water cutbacks to agriculture.  The reason was to save endangered wild fish populations.

一つの事例で、一年前までカリフォルニア州に厳しい干ばつが有りました。大都市の左派が農業の水供給を削減しました。理由は、絶滅危険の野生の魚でした。

https://www.csmonitor.com/USA/2009/0418/p02s01-usgn.html

People in rural California do not want the culture wars that the American Left is forcing upon everybody in America.

保守派のカリフォルニア州の地方の人達は、左派がアメリカ全国にさせている「文化戦争」を嫌いです。

For example, in California, when performing a marriage, the words “husband and wife” cannot be used, they are replaced by “spouse and spouse”.  This is not to offend Gay and trans gender people.

例えば、カリフォルニア州の結婚式で、「夫と妻」と言う単語が利用禁止です。「配偶者と配偶者」を法的に利用しなければ成りません。この理由は、ゲイとトランスジェンダーの人に失礼しない為です。

http://www.foxnews.com/politics/2014/07/07/california-bill-replacing-words-husband-wife-in-marriage-law-signed-by-gov.html

Well, people in urban California who are Leftists will like this, but the majority of people in rural California are deeply Christian, and this is extremely offensive.

まあ、カリフォルニア州の大都市の左派の人がこう言う事をとても賛成ですが、カリフォルニア州の地方の人達の大多数は深いキリスト教の信者で、こう言う事は凄く不快です。

There are Left wing activities like Drag Queen story hour for children.

もう一つの左派活動は、女装の男性同性愛者の子供達との読書時間です。




http://www.theblaze.com/news/2017/05/19/drag-queen-story-hour-for-toddlers-at-public-library-lauded-as-fantastic-great

These have become popular in recent years in San Francisco and New York City, and are held in public libraries.  The California rural Right wing people would be appalled at such things.  I am too, we should not be sexualizing young children.  Drag Queens are an adult entertainment, young children should not be exposed to this.

最近の数年間で、サンフランシスコ市とニューヨーク市で人気に成って、公立図書館で行っています。カリフォルニア州の人達は、この行為でぞっとします。私もそうです。若い子供達に同性愛者の教育をしない方がいいと思います。男性同性愛者ショーは大人のエンターテインメント、子供に見せない方がいいです。

What Japanese people don’t realize is that American states are much more powerful than Japanese prefectures.  It is indeed legally possible for states to break up, and has happened before.

アメリカについて、日本人がよく知らない事は、日本の県よりアメリカの州が権力が有ります。州の分裂が法律的に可能で、以前の事例が有りました。

Below is a map of the state of Virginia.  When the American Civil War broke out, The state of Virginia decided to secede and join the Southern Confederacy.  The Western portion of the state did not agree, and they broke off and formed their own State, West Virginia.

下記は、昔のバージニア州の地図です。アメリカの南北戦争開始の時に、バージニア州が脱退して、南の連合政府と組むと決まりました。バージニア州の西部がこう言う解決に同意しないで、分裂して、自分たちの州、ウェストバージニア州に成りました。

https://en.wikipedia.org/wiki/West_Virginia_in_the_American_Civil_War



The people proposing that a new state of New California be formed will present their case to the State Capitol in Sacramento in 10 to 18 months.  Then I imagine there will be some sort of referendum vote to decide the issue.

ニューカリフォルニア州を創りたい人達が、論拠をサクラメント州連邦議会議事堂に、後10ー18ヵ月に出します。それで、問題を決める為の何かの国民投票が有るでしょう。

But there will be myriad problems if the states split.  Just look at a map of water reservoirs in California.

しかし、分裂する場合、無数の問題が有ります。カリフォルニア州の貯水池を見て下さい。




Compare that to the map of what will be Left wing, urban coastal California.  They will have virtually no water sources.  This alone will be a major source of friction in the future.

その地図を、左派大都市海岸の古いカリフォルニア州と比較して下さい。水源はゼロに近いです。これだけで、将来の争いの始まりです。

This is a characteristic of the American 2nd Civil War across the nation.  The Right controls resources and agriculture across the  nation.  In this California separation, it becomes obvious.

これは、全国でアメリカの第2内乱の特徴です。全国で、右派は資源と農業を支配をしています。このカリフォルニア州分裂で、この真実が明らかに成ります。

In such circumstances, it is insane for the Left wing to push for Civil War, but that is what they are doing.

この状態でアメリカ左派が内乱を進める事が正気でないけれど、そうしています。

http://thefederalist.com/2017/10/10/lefts-sirens-already-hinting-culture-wars-will-end-another-civil-war/

And this will serve as an example for other areas in America.  If people cannot get along together, some areas might decide the best thing is to split off from people they don’t like.  This means that Civil Conflict, leading to Civil War, is intensifying in America.

この分裂は、アメリカの他の場所の事例に成るでしょう。もし有る所の人達が同意を出来ないならば、それで有る場所が分裂をする事が一番と考えるでしょう。それで、国内混乱、内乱が、アメリカで強めています。

★講演会のご案内★
~奥茂治氏を救おう!チャリティー講演会~
2/5(月)18:30文京シビックセンター26階スカイホール。
朝鮮問題専門家、松木國俊氏
「本当は素晴らしかった 韓国の歴史」
マックス・フォン・シュラーー小林
「アメリカ人が語る、日本人に隠しておけない アメリカの“崩壊”」
詳細はここを ↓
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2018/01/25.html


Friday, January 12, 2018

ローガン・ポール、日本に来た不快なアメリカ人 Logan Paul, an obnoxious American in Japan


Recently, A young American youtuber named Logan Paul has made the news.  His actions in filming a body in the Aokigahara forest, which is know as a place where many disturbed commit suicide earned him notoriety.

最近、若いローガン・ポールと言うユーチューバーが、日本のネット・ニュースで目立っています。青木ヶ原樹海で人がよく自殺を行う所で、人の遺体を撮影した行動でネットで悪名を得ました。

But his entire trip in Japan was one of nasty egoism.

しかし、彼の日本での観光の活動はすべて利己主義でした。

http://www.eonline.com/news/904025/logan-paul-s-whole-trip-to-japan-was-pretty-disrespectful

In this video below, he talks about respect.  From the way he talks, to me a native speaker of American English, it is obvious that some person has told him to be respectful in Japan.

下記のビデオで、「尊敬」の事を話しています。彼の話し方で、私は米語のネイティブなので、誰かが彼に日本で尊敬する必要が有ると説明した事が明らかです。

Yet his tone of speech, “Japan is all about the respect” and his hand gestures are extremely rude.  Right there, he is telling us he has no intention of respecting anything, and he is mocking Japan.

しかし、彼の喋りの調子で、「日本では尊敬は大切です。」と彼の手のジェスチャーはとても失礼です。それで、彼が日本に何も尊敬するつもりがなく、日本をあざ笑う事を伝えています。

http://www.worldstarhiphop.com/videos/video.php?v=wshhPP592t2aJL9gvPHq

But such behavior is quite common among Americans, particularly the young.  Some 20 years ago, I used to work for a talent agency in Japan that supplied foreigners for television and films.  Well over half the Americans were very similar to this Logan Paul person.

しかし、こう言う態度はアメリカ人によく有り、特に、若い人がしています。20年前に、私は外国人タレント事務所で働きました。テレビ、映画などに外国人を出しました。半分以上のアメリカ人は、このローガン・ポールと言う人と同じ態度をとりました。

In the 2016 Presidential election, on world wide television, we saw many examples of such awful spoiled Americans.

2016年の大統領選挙の時に、世界のテレビで、このひどいわがままなアメリカ人の実例をいっぱい見ました。


When Donald Trump won the Presidency, there were massive demonstrations.

ドナルド・トランプ氏が当選した時に、巨大なデモが有りました。


People burned American flags.

アメリカ国旗を燃やした人がいました。


In April of 2017 there were massive riots in Berkeley California, when a Right wing speaker came to speak.

2017年カリフォルニア州バークレー市で、右派の評論家がスピーチの為に来て、巨大な暴動が有りました。

These Americans are behaving in the same way as Logan Paul did in Japan.  They expect total satisfaction, that they can do whatever they wish in life, their every wish and demand will be granted.

このアメリカ人は、日本に来たローガン・ポールと同じ態度を行っています。自分の生活で完璧の満足が当たり前と思っていて、自分の人生で無責任で好きな事をするが当たり前で、自分のどんな希望と要求が叶う事を当然と考えています。

The thing is, when losing an election, mature adults understand that this is part of life.  Also, mature adults understand that when visiting other countries, one should not behave like a hooligan.

やはり、選挙で自分の希望の人が落選する時に、大人が人生でそう言う事が有ると理解しています。それと、大人が他国へ訪問する時に、暴れる若者のような態度はよくないと分かっています。

Why are so many Americans so obnoxious?  Well this is what they have been taught.  In doing research for my latest book, “2nd Civil War, The Battle for America”, I studied American education.  What I discovered was absolutely horrible.

何故数多くのアメリカ人がこんなに不快ですか?まあ、こう言う教育を受けています。私の最近の本、「アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊」を研究した時に、アメリカの教育状態を勉強しました。その習った事がとてもひどいです。



https://www.amazon.co.jp/dp/4802400411?tag=hobbes22-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4802400411&adid=1EBZ6ZCVWAZMFDR8P7D7&

Basically what schools now teach is social justice awareness and self esteem.  With self esteem, they teach that the student is wonderful just as they are born, they don’t have to make any effort to improve.  This is very Left wing type thinking, the  American Left has ruined American education and American youth.

基本的に、現在のアメリカの学校が教えている事が、社会正義の認識と自負心です。自負心で学校が学生に生まれたままで人が素晴らしい、上達する努力をする必要が有りません。これがとても左派の考え方で、左派がアメリカの教育と若者を崩壊させました。

https://www.1843magazine.com/dispatches/the-daily/american-children-are-drowning-in-selfesteem

https://cei.org/blog/teaching-self-esteem-undermines-students-academic-achievement

With social justice, they teach that the culture they were born in is entirely wrong, and should be destroyed.

社会正義で、自分の生まれた文化、社会は完璧に悪で、崩壊するべきと教えます。

What they do not teach are mathematics, history, language, or science.

教えない事は、数学、歴史、言語、科学です。

Here are some comments from American teachers about mathematics.

下記は、数学についてのアメリカ人先生のコメントです。

Professor Andrew Hacker of Queens College in New York says Algebra is too hard and should be dropped.

ニューヨーク市立大学クイーンズ校のアンドリュー・ハッカー教授が代数学が難し過ぎで、学校でその代数学を教える事を辞めるべきと言っています。

http://www.breitbart.com/big-government/2016/03/28/ny-professor-says-algebra-is-too-hard-schools-should-drop-it/

Professor Rochelle Gutierrez at the University of Illinois says teaching mathematics reinforces “White Privilege” since it was developed by White Europeans.

 イリノイ大学教授ロシェル・グティエレス先生の話で、数学を教えると「白人特権」を強くする、何故かヨーロッパの白人が数学を開発しました。

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/teaching-maths-white-privilege-illinois-university-professor-rochelle-gutierrez-a8018521.html

A professor at Brooklyn College, Laurie Rubel, says that meritocracy is a tool of “Whiteness”, meaning dominance of other races by Whites.

ブルックリン大学のローリー・ルベル先生が、実力者層は白人主義者の陰謀、それで白人が他の民族を支配しています。

http://www.breitbart.com/tech/2018/01/09/brooklyn-college-professors-claims-meritocracy-is-a-tool-of-whiteness/

What it means that requiring students to study hard to pass tests and gain knowledge promotes discrimination and inequality.  People should be awarded just for being born.

この意味は、学生に試験を合格する為に、一所懸命勉強する事が必要で、それで知識を増え、この活動が社会で差別と不平等を進めます。人は生まれただけで、賞与を受けるべきです。

This is the kind of philosophy behind participation trophies.  These are awards given out for showing up at school academic or sports event.  Just for being there, not for winning anything.

この哲学で参加賞品が出来ました。この賞品は、学校の学業に、それともスポーツイベントに参加するだけで受け取れる、何も勝っていません。

Leftists educators in America feel that this reinforces the self esteem of students.  They think that a loss would devastate them.

左派の教育者が、こう言う事で学生の自負心を強くすると思っています。その教育者の考えで、学生が失敗とか負けが有れば、困惑します。

Well, this is why we have people who cannot cope with their favored candidate losing a political election.  In America today, the political Left wants to totally destroy the Right, or any other person with opinions they do not like.

これで、選挙で好きな候補者が落選すると、うまく対処する事を出来ない人が出ます。現在のアメリカで、左派は、右派それとも嫌いな意見を完璧に消したい、潰したい気持ちが有ります。

That is what they have been taught, they have not been taught they must live in a society and work with other people.

こう言う風に教えられていました。一つの社会で他人と一緒に生活する、協力する事を教えられていません。

http://thefederalist.com/2017/10/10/lefts-sirens-already-hinting-culture-wars-will-end-another-civil-war/

And that is why we have Americans like Logan Paul.  He thinks he can come to Japan, do as he pleases, act like a hooligan, and there will be no consequences.

それで、こう言うローガン・ポールみたいなアメリカ人がいます。彼の考えは、日本に行って、好きな事を行って、フーリガンのような態度を行って、厳しい結果(罰)がないと思っています。

Looking at his videos, the jumping on trucks and delivery carts at Tsukiji fish market, running in traffic in the street, and general mayhem, he is a dangerous person.

彼のビデオを見て、築地市場トラックとか配達車に勝手に飛び乗り、交通の道路で遊んだり、普遍的な大混乱で、彼は危険者です。

I do not know what action the Japanese police took with this idiot, but I would think two years in prison at hard labor would be a sufficient punishment.

日本の警察はどう言う事をしたと分かりませんが、刑務所で重労働2年がいい罰と思います。

And there are more such foreigners, in Japan, we must be ready.

他に日本にそう言う外国人がいる、準備する必要です。

https://snjpn.net/archives/40737

★講演会のご案内★
~奥茂治氏を救おう!チャリティー講演会~
2/5(月)18:30文京シビックセンター26階スカイホール。
朝鮮問題専門家、松木國俊氏
「本当は素晴らしかった 韓国の歴史」
マックス・フォン・シュラーー小林
「アメリカ人が語る、日本人に隠しておけない アメリカの“崩壊”」
詳細はここを ↓
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2018/01/25.html


Wednesday, January 10, 2018

ハート出版社がお勧めする韓国とアメリカを全く新しい視点で斬る出版記念講演会* 2月5日(月)


ハート出版社がお勧めする韓国とアメリカを全く新しい視点で斬る出版記念講演会を奥茂治さんを支援するチャリティーで行います。



★ 2月5日(月)
★ 開演18:30 (18:15開場)
★ 文京シビックセンター26階
  スカイホール

★ 参加費1000円
申し込み不要
どなたでもご参加頂けます。
直接会場ヘお越し下さい。

奥茂治氏を救おう!
チャリティー講演会

「本当は素晴らしかった 韓国の歴史」
☆ 松木國俊 氏

「アメリカ人が語る
日本人に隠しておけない アメリカの“崩壊”」
☆ マックス・フォン・
   シュラー・小林 氏
-------------------------------
・まつき くにとし 昭和25年熊本県生まれ
昭和48年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
豊田通商株式会社入社。昭和55年- 昭和59年、豊田通商ソウル事務所駐在。
秘書室次長、機械部次長を経て、平成12年 豊田通商退社。翌年「松木商事」設立、代表取締役。
『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』 『韓国よ、「敵」を誤るな!』 ワック、他 著作多数
--------------------------------
・マックス・フォン・シュラー こばやし
元海兵隊・歴史研究家。ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」(ハート出版)
「太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本」(ワック)『アメリカ白人の闇』(桜の花出版)等著作多数
--------------------------------

※講師の先生をはじめ 会に関わる全員がノーギャラです
参加費は会場代、印刷代を除き全額を奥氏へのカンパと致します

◦ 東京メトロ 丸ノ内線・南北線
  後楽園駅直結 (5番出口直結)   
◦ 都営地下鉄 三田線・大江戸線
  春日駅 (文京シビックセンター連絡口) 徒歩1分
◦ JR総武線 水道橋駅(東口)徒歩9分

https://www.facebook.com/events/2004062289873637/